Close

有利になる資格を取得しよう

看護師の転職活動を行う時に所持していると役に立つ資格は専門性の高い資格です。例えば、専門看護師や認定看護師といった特定の分野におけるスペシャリストとしての知識があると同時に、高水準の看護を実践する事ができる資格がそれに当たります。この2つの資格は比較的に認知度が高いため、取得しておくことで転職の際に役に立つます。また、高い専門性を持ち、その分野での人材を求めている医療機関に転職を考える際には大きな強みにもなります。転職を考える際には、現在取得している資格と比べてみて、その資格を活かせる医療機関を選ぶことが転職を成功に導く重要なポイントになるでしょう。

これらの仕事の資格は専門性が高く転職の際に強みとなりますが、その分取得までのハードルが高い資格とも言えます。その理由の1つに、看護師としての実務経験が5年以上必要であることが上げられましす。つまりこの資格を取得するには最低でも看護師として5年間の実績が必要になるのです。しかし、この資格を取得しているという事は、それなりに長く看護師としての実務経験を積んでいる証明にもなるため、取得までのハードルは高いものの、転職の際には役に立つ資格です。

また、上記の資格の他にも比較的容易に取得できるACLSプロバイダーという資格もあります。取得の条件としては、看護師の資格を所持しており、2日間の講習を受け、認定試験に合格する事です。この資格を取得する事で心停止に対する二次救命処置を行う知識を身につける事ができる為、救急医療に転職を考える際には有効な資格なります。