Close

訪問看護師の働き方

転職をお考えの看護師の方には、訪問看護師として活躍したいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。訪問看護師の働き方は医療機関や病院などで往診するのではなく、看護師が所属している訪問看護ステーションから利用者のところへ直接訪問します。そして、利用者に行う医療処置は利用者の主治医の指示書に基づいたものになります。医療処置の内容は利用者によって変わりますが、代表的なものとして点滴や血糖値の測定、カテーテルの交換やインシュリンの注射などを行います。

また、訪問看護師の大切な役割として、主治医に利用者の健康状態を確認して報告することがあげられ、健康状態の確認は呼吸状態や体温、血圧や脈拍などを測って記録。主に持病をお持ちの利用者の方は、看護師が常に確認することが必要であるため、訪問時の健康についてのアドバイスも重要な仕事です。さらに緩和や痛みのコントロールといった処置なども、終末期を迎えている利用者の場合必要になります。

また、訪問看護師の働き方として訪問入浴の業務を行うこともできます。訪問入浴とは、利用者の自宅まで行き、入浴のサポートを行うことで訪問介護の一つになります。介護スタッフ2名に加え、看護師1名がチームになることが義務付けられており、簡易タイプの浴槽を使って利用者の入浴をサポート。バイタルサインを測定し、利用者が安全に入浴できるようにするのが役割です。また医療行為が少なく、残業も殆どないためプライベートの時間を大切にしたい方におすすめです。訪問入浴で働くことを検討しているのなら、こちらに詳細サイトがあるので一度目を通しておくことをお勧めします。